読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一日一冊、本を食う

長年の積ん読本を読み切るブログ

【005】佐々木正悟『残業ゼロの「1日1箱」仕事術』2009年

いわゆる「やる気」というものは実は「有限」です。気合で増える、というものではありません。(p.16)

仕事ができて、かつ残業も少ない人の箱には「ふた」があります。(p.21)
TODOリストは「ふたのない箱」の状態になっているのです。(p.23)

時間とは、とらえにくいものです。脳には役割ごとに「○○野」というものがあるのですが、「時間野」というものが存在しないからです。(p.33)
つまり、時間を直接「感じる」ことはできないので、しっかりと見積もりを記録し、時間を「視覚化」していくことが大切なのです。(p.35)

Aさんは月の終わりに、残ったお金を貯蓄に回します。
Bさんは給料をもらったらすぐに貯蓄をし、残りのお金でその月のやりくりをします。(p.27)
効率よく仕事を進めるためには、Aさんのように「残ったら」「余ったら」のスキマ時間があるだろうと仮定してスケジュールを組むのではなく、Bさんのように、最初から必要な時間の見積もりを出してスケジュールを組むべきなのです。(p.38)